大阪市旭区・城東区・都島区・守口市地域不動産物件情報サイト【あ・すめーるねっと】

遺品整理・遺品整理は仕分けからコラム

遺品整理は仕分けから

コラム

更新日:2021/2/19

題名

遺品整理は仕分けからについてのお話です。

  • 写真
    遺品整理
  • 写真

ポイントは、

一人住まいの遺族など家屋に残された遺品整理
をどのようにするか
   
     
  • 写真
  • 写真

内容は、

遺品整理仕分け
【貴重品】
この場合の「貴重品」とは、金品だけに限らず、
故人に関する重要書類や所有していた不動産の権利・情報を指します。
貴重品といわれる主なものは、
・銀行の通帳
・クレジットカードやキャッシュカード
・印鑑
・健康保険証
・マイナンバーカード
・パスポート
・年金手帳
・公共料金等の請求書や領収書
・有価証券
・契約書類
・不動産などの権利関係書類
・価値の高い物(貴金属や宝石、美術品など)
【形見】
形見とは、故人が残した物の中でも、特にその人が愛用していたものや、
思い出の品のことです。貴重品とは異なるものの、大切な品です。
【再利用できるもの】
家電製品や衣類、新聞など、リサイクルできる物
【廃棄するもの】
故人の残したものを破棄するのは勇気のいることですが、
不要だと感じたものは思い切って捨てましょう。
生前の写真やアルバム、日記などは、
データにして残すという方法がおすすめです。

遺品整理でお困りの場合【大阪市・府限定】
当社にご相談ください。
整理業者の手配・データの保存作業等
お手伝いさせていただけます。
お問い合わせは
06-6180-8448



PAGE TOP